« 丘を歩く | トップページ | Farmで見つけた 小さないのちと母のつよさ »

2012年6月18日 (月)

Wild Strawberry

Wild Strawberryって知っていますか?

和名はエゾヘビイチゴなどと呼ばれているようですが
あの味も香りもないヘビイチゴとは違います。

大きさはヘビイチゴと同じくらいで小さく
形は今栽培されているイチゴと同じような形で(丸型のものもあります)
しっかりとした甘味と香りを持っています。

日本でも北海道では自生しているようで
エゾヘビイチゴの名前の由来はここですね。

…まぁつまりは、野イチゴです。
 
 

 
P1070044001


 
 

今お店で普通に見かける大きな甘いイチゴは
もとはこのWild Strawberryから品種改良を繰り返し出来上がったものだそう。
イチゴのご先祖さまですね。

 

 
今いるファームでは昔ながらのこのWild Strawberryを栽培していて
家の広いガーデンにもあちこちに赤い顔をのぞかせています。
 
次々に赤く熟していくのでレストランに卸すだけでは追いつきません。
なので少しいただきましたよcatface
 
 
P1070046001
 
 
真っ赤に熟しておいしそう。いや、おいしい(もちろんつまみ食いdelicious
 
 
 
P1070053001


 
30分ほどかけて採った野いちごはおよそ300g
このままフレッシュにいただくのももちろんいいですが
今回はジャムを作ってみることにしました。
 
そしてせっかくなので
これまた今がシーズン、イギリスといえばコレっ!
 
 
P1070071
 
ルバーブ Rhubarb


Wild Strawberry × Rhubarbのジャム 作っちゃいましたよーhappy01
 
 
残念ながらこのルバーブはファームからではありませんが
赤くて太いものを選択。
 
野イチゴと短く切ったルバーブに砂糖をまぶし一晩置く。
翌朝、いちごとルバーブから大量!の水分が出ているのでそのまま火にかけます。
 

ちなみにこの家は築数百年の古い建物。
Cookerは昔から使われ続けている 「AGA(アーガ)」 です。
 
P1070083
 
このAGA、火力調節ができないので焦げ付かないように気を遣いました。
 

焦げ付かないように時々かき混ぜながら
アクが出るので丁寧にすくい取ります。
およそ20分コトコト煮込み
火からおろす直前にレモン汁をぎゅっとしぼり(大さじ1くらい)少しかき混ぜて完成です。

 
 
 

 

 


Dsc_0954
 
 
おぉ 上等なジャムじゃないかcatface
 
Wild Strawberryの甘さとRhubarbの酸味がうまくマッチしている…と思う。
イチゴとルバーブの形もほどよく残っていて見た目もよしよし。
色も赤いルバーブを選んだので茶色くくすむこともなく赤い良い色。

とにかくうみゃいっhappy01
 
 
パンやヨーグルトと一緒に食べるのが楽しみだっ。
 
 
 
 
そしてそして、この勢いに乗って
このジャムを使って「わらび餅」作っちゃいました。
 
 

Dsc_0965
 
Wild Strawberry × Rhubarb わらび餅
 
 
 
まさかの日英コラボ。
結構いいんじゃないかい?
色も薄くピンク色でかわいい。
しかもきなこじゃなくて出来たてジャムかけちゃうもんね。
美味しくないわけがないっ。

えっ それってもうわらび餅じゃないんじゃないかって?
 
作った本人がわらび餅だって言ったらわらび餅なんだsmile
 
 
 

 
ちなみにこちらが先週作った緑茶を使った本物(でもないけど)のわらび餅。
 
 

Dsc_0937001

 

 
 
どこにいてもやっぱり夏はわらび餅!
  
 
 
 

 
 
 
 
 
 
ぬく森 - 憩いのお庭をつくります
 
 

« 丘を歩く | トップページ | Farmで見つけた 小さないのちと母のつよさ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

英国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1484989/45704881

この記事へのトラックバック一覧です: Wild Strawberry:

« 丘を歩く | トップページ | Farmで見つけた 小さないのちと母のつよさ »