« そうだSeafordへ行こう。どうせなら歩いて… (Seven Sisters編) | トップページ

2012年9月 9日 (日)

そうだSeafordへ行こう。どうせなら歩いて… (暗闇のfootpath編)

Seven Sistersの真っ白い壁を見上げてぼーっと15分。
さぁさぁ帰りますよ。
もっとゆっくりしたいのは山々ですが、
日が暮れる前にLewesに帰りつかなければ…大変だ!!

では出発~  また来るよ~  See you again, Seven Sisters.

Dsc_0598



ここからはひたすら歩きます。

行きは丘越えルートで来たので
帰りは川沿いを北上します。

まずはSeafordから隣町のNewhavenまで海岸線をひた歩く。
んだけどこれがまた長い長いcoldsweats01
歩けど歩けど近づいてる気がしない。

海岸に沿って走る昔の線路の上を無心で歩く。

Dsc_0641


途中こんな古い建物の跡が点在するも

Dsc_0643

気持ちを押し殺して通り過ぎる。
 

Seafordの白い崖がもうあんなところー。

Dsc_0645

Seven Sistersはあそこからさらに1時間ほど向こうです。
 

やっとの思いでNewhavenに辿り着いた。
ところ申し訳ないんですが…
こっから次はLewesに向けて川沿いを昇りますよ。coldsweats01

Dsc_0648

後ろに見えるダンゴムシみたいなのはゴミの焼却場らしい。
 

向こうに見える原っぱでは

Dsc_0655

野うさぎが食後の運動中。
 

ひたすら歩き続けると
建物の可愛い小さな村に出た。

Dsc_0661
 

この村のサインも可愛いcatface

Dsc_0660


しばらく道路沿いを歩いて
再び川沿いを進みます。

Dsc_0665

だいぶ日が傾いてきた…。
この時点で8時前。まだ日が長くてよかったぁ。

それでもこの時期9時半には暗くなってくるから…急がなきゃ!
そう、イギリスのcountry sideには街灯がまったくないのだ!
急げ~snail
 

またしばらく歩くと

Dsc_0678

道を塞ぐモフモフたち。
 

だいたい近づくと逃げていくので…しゃがんでみた。

Dsc_0680

おぉ~ 近づいてきたー!happy01

Dsc_0685

 

Dsc_0686

こんにちは、もふもふのみなさん。

Dsc_0687

じっ と観察された末
もう少し距離を詰めようとしゃがんだまま一歩進むと
一目散に逃げて行きました。
 

ひつじって好奇心旺盛なんですね!
自分より小さい動物がいると気になって寄っていくっていう…可愛いhappy01
 

Dsc_0671

夕日に染まるもふもふなおしりもしっかりいただきまして

元気に前進前進。ホントハクタクタ…

 

Dsc_0689

お、あれは行きにパラグライダーやってたMount Caburnだ。
左の方にはLewesの白壁も見える!

目標が見えたら足取りも軽く…ならない!!crying
重い足を引きずって歩き続けます。

 

川では白鳥が

Dsc_0692

おやすみの時間を迎えようとしています。


それにしてもなんでこの川こんなに曲がりくねってるんだ。
真っ直ぐ町の方に歩ければもっと早く着くのに。

タイムリミットが迫って疲れも溜まってきて
遠回りをすることの楽しさもわからなくなってきていた。
 
そしてここで一か八かルートを変更することに!

曲がりくねりなかなか町に近づかない川に見切りをつけて
ここぞという道に照準を定め、内陸を歩きます。

 

Dsc_0697

出だしはLewesの町も見えてきていい感じだったんですが

あれよあれよという間にあらぬ方向へ道がそれてゆく…。
イギリスのcountry sideって一度道を間違ったら簡単に方向修正できないんです。

行くか戻るか…
今歩いてきたこの距離をまた戻るのも悔しいので…行くべし!
再び良い方向へ向かうことを信じて突き進みます。

 

と、小さな村に出た。

Dsc_0698


Dsc_0700

なんて可愛い村っ!happy01
今は消えつつある藁葺きの屋根の建物も沢山ある。
焦っていた心もこの素敵な建物を見て少し落ち着いたconfident

後で知ったんだけど、
ここはNational Trustが管理していてこの素晴らしい建物が消えていかないように守られている村なんだそう。

そう、これが遠回りの醍醐味なんだよね。
この可愛い村に出会うために今迷子になってるんだ!

 
 

ゆっくり散策したかったけれど、今は帰ることが先決だ。
村の中にfootpathのサインを見つけ、素敵なお家の庭を突っ切り
畑の中を通るfootpathを進む。

Dsc_0701_2

現在9時半前。
太陽は既に山の向こうへ沈み実際は写真よりもだいぶ暗くなっている。

Dsc_0702

お月さんも見えてるよー。

 

途中に通った林の中なんか真っ暗で何も見えないじゃないかcoldsweats02
車道を歩いた時なんかはもう必死。
歩道も街灯もないので田舎道を暴走する車に轢かれないよう
車がいない間車道を猛ダッシュ!!車のライトが見えたら脇の草むらに潜む。
なんてこったい。

トラックの運ちゃんに心配されるも、大丈夫大丈夫と。
もう、意地だよね。なんとしても歩き通すっていう。

 

Dsc_0704

ここはLewesまでもうすぐ…のはず。っていうところ。

 
 

そしてやっとやっと!Lewesの町にたどり着きましたぁ!

Dsc_0705

もう写真もブレブレ。笑

家に着いたのは10時前。実に13時間の歩き旅!
ほぼ歩きっぱなし。うん、頑張ったsign01
最後の方は焦ったけど、いろんなものを見れて今回も良い旅でしたcatface

…次長旅に出るときはトーチもっていこーっとcoldsweats01

 
皆さんも長旅最後までお付き合いありがとうshine
 
 
 
 
 
ぬく森 - 憩いのお庭をつくります。小さなプチカフェもやってます。
     9月22日には秋の音楽祭りもやりますよ~。

« そうだSeafordへ行こう。どうせなら歩いて… (Seven Sisters編) | トップページ

foorpath」カテゴリの記事

休日」カテゴリの記事

英国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1484989/46963679

この記事へのトラックバック一覧です: そうだSeafordへ行こう。どうせなら歩いて… (暗闇のfootpath編):

« そうだSeafordへ行こう。どうせなら歩いて… (Seven Sisters編) | トップページ